FC2ブログ
のらりんすけっち ホーム »鉄道全般
カテゴリー「鉄道全般」の記事一覧

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(時刻表おくのほそ道の鉄道たちその3)   

前回の続きです。
交通公社の時刻表、会社線近畿地方の最初のページに仲良く並んで載っていた野上電鉄、有田鉄道、紀州鉄道。
紀州鉄道の御坊ー西御坊間以外は廃線となり、宮脇俊三氏の”時刻表おくのほそ道”は貴重な当時の三路線の記録です。


前回は紀州鉄道メインで当時を偲びましたが、今回は野上電鉄、有田鉄道にスポットを。
廃線まで渋い車両が走っていた野上電気鉄道。吊り掛サウンドが懐かしい。



晩年は減便となりましたが、全盛期は30分間隔で電車を運行。
交通公社の時刻表1979年8月号掲載分はまだ30分間隔運行時代。



晩年はレールバスが投入された有田鉄道。
でもこの鉄道の車両といったらやっぱりキハ58形でしょう。



交通公社の時刻表1979年8月号掲載の時刻では、まだ1日4往復の国鉄(現JR)湯浅駅乗り入れが健在。


国鉄との接続は良い便もあればイマイチの便もありまちまち。
藤並駅発の終列車は18時35分とかなり早く、すでに旅客の主体は通学生だったか。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(時刻表おくのほそ道の鉄道たちその2)   

久方ぶりの鉄道記事です^^;
故、宮脇俊三氏が”時刻表おくのほそ道”で乗車した地方のローカル私鉄。
第2章にあたる回では、野上電気鉄道、有田鉄道、紀州鉄道の3路線に乗っています。
現存は紀州鉄道の御坊ー西御坊間2.7kmのみと寂しい限り。



紀州鉄道、かつてはこんな渋い気動車がカタコト走ってました。


部分廃止の西御坊ー日高川間は線路がほぼ残っていて、廃線探訪しやすいですね。


手元にある、交通公社の時刻表1979年8月号をめくってみると、会社線近畿地方最初のページに野上電鉄、有田鉄道、紀州鉄道が仲良く並んで載っています。野上電鉄は終日約30分間隔の運転、有田鉄道と紀州鉄道は11往復の運行。
まさにドンピシャ、1979年の紀州鉄道の動画発見!日高川駅の映像は貴重ですね~!



前回の記事
時刻表おくのほそ道の鉄道たちその1 :三菱石炭鉱業編


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(時刻表おくのほそ道の鉄道たちその1)  

故、宮脇俊三氏の作品の中でも好きなのが”時刻表おくのほそ道”。
国鉄(現:JR)全線完乗を果たした著者が、次は私鉄に目を向け、地方のローカル私鉄を旅した紀行作品です。



現在、本書に収録された鉄路の多くが廃線となっていて、序盤から過去帳入り路線が連発。
その点でも、貴重な地方私鉄の記録といえましょう。
記念すべき第1回の”三菱石炭鉱業 大夕張線”は 1987年(昭和62)7月22日に残念ながら廃止。
宮脇氏が同行の編集者と旅したのは1980年(昭和55)10月で、廃線の7年前になります。



その1年前になる、交通公社の時刻表1979年8月号で大夕張線の時刻を見てみると、
清水沢発915、1607、1840
南大夕張着935、1628、1900

南大夕張発741、1517、1637
清水沢着800、1535、1655
と、氏が旅したときと変わっていないようです。1日3往復の典型的な通学ダイヤで、南大夕張と途中駅の遠幌からの高校生が主な乗客だったと思われます。



大夕張線の運賃は初乗り40円、通しで60円!廃止までこの値段据え置きで、驚きの低運賃鉄道でした。
”三菱石炭鉱業 60円”でググったら、当時のきっぷの画像がどどんと表示。

廃止一年前の大夕張線の動画がありました。末永く保存していただきたい超貴重な記録ですね。


客車列車だったというのもポイント高し。
この頃はまだ日本全国に客車列車が走ってましたね。
旅情という点では、客車列車にまさる鉄道旅行はないと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

スター☆トゥインクルプリキュア応援中

お気に入りグッズ

カレンダー

カテゴリー

応援バナーコレクション

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

▲ Pagetop