FC2ブログ
のらりんすけっち ホーム »鉄道全般
カテゴリー「鉄道全般」の記事一覧

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(時刻表おくのほそ道の鉄道たちその1)  

故、宮脇俊三氏の作品の中でも好きなのが”時刻表おくのほそ道”。
国鉄(現:JR)全線完乗を果たした著者が、次は私鉄に目を向け、地方のローカル私鉄を旅した紀行作品です。



現在、本書に収録された鉄路の多くが廃線となっていて、序盤から過去帳入り路線が連発。
その点でも、貴重な地方私鉄の記録といえましょう。
記念すべき第1回の”三菱石炭鉱業 大夕張線”は 1987年(昭和62)7月22日に残念ながら廃止。
宮脇氏が同行の編集者と旅したのは1980年(昭和55)10月で、廃線の7年前になります。



その1年前になる、交通公社の時刻表1979年8月号で大夕張線の時刻を見てみると、
清水沢発915、1607、1840
南大夕張着935、1628、1900

南大夕張発741、1517、1637
清水沢着800、1535、1655
と、氏が旅したときと変わっていないようです。1日3往復の典型的な通学ダイヤで、南大夕張と途中駅の遠幌からの高校生が主な乗客だったと思われます。



大夕張線の運賃は初乗り40円、通しで60円!廃止までこの値段据え置きで、驚きの低運賃鉄道でした。
”三菱石炭鉱業 60円”でググったら、当時のきっぷの画像がどどんと表示。

廃止一年前の大夕張線の動画がありました。末永く保存していただきたい超貴重な記録ですね。


客車列車だったというのもポイント高し。
この頃はまだ日本全国に客車列車が走ってましたね。
旅情という点では、客車列車にまさる鉄道旅行はないと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(秘境駅編その6&まとめ)   

牛山隆信氏の「秘境駅へ行こう!」初版本(2001年8月刊)に載った秘境駅ランキングの上位20駅のうち、現時点で実に13駅が廃駅となっています。
この13駅の1979年当時はどうだったか。今回は残る3駅の紹介と全体のまとめをしたいと思います。


大志田駅(初版本掲載ランキング13位)
浅岸駅(初版本掲載ランキング14位)



山田線編でも紹介した大志田、浅岸の両駅。晩年は壮絶な発着本数となり、ついに冬季休業→廃駅(2016年3月26日付)となってしまいました。
国鉄時代の1979年8月号の時刻表では両駅に停まる列車は1日5往復。

<宮古方面>
大志田620、浅岸635(宮古行き)
大志田950、浅岸1005(花巻行き)
大志田1117、浅岸1133(宮古行き)
大志田1528、浅岸1546(釜石行き)
大志田1827、浅岸1843(宮古行き)

<盛岡方面> 全便盛岡行き
浅岸703、大志田715
浅岸1006、大志田1019
浅岸1313、大志田1325
浅岸1632、大志田1644
浅岸1939、大志田1951

この当時も決して多いとは言えない本数でしたが、晩年と比べたら雲泥の差。


旧白滝駅(初版本掲載ランキング19位) ※あわせてこちらもご笑覧ください



国鉄時代は仮乗降場の旧白滝駅。全国版1979年8月号の時刻表には記載がありませんが、4往復半停まっていたようです。
大志田、浅岸両駅と同じ2016年3月26日付で廃駅に。交換設備がなく、信号場として生き残れなかったのが残念。

「秘境駅へ行こう!」初版本掲載の秘境駅ランキングベスト20の存廃をまとめると、
1位 小幌(存続)
2位 張碓(廃駅)
3位 小和田(存続)
4位 田本(存続)
5位 押角(廃駅)
6位 奥白滝(廃駅)※現在信号場として存続
7位 天幕(廃駅)
8位 尾盛(存続)
9位 中越(廃駅)※現在信号場として存続
10位 智東(廃駅)
11位 古瀬(存続)
12位 上雄信内(廃駅)
13位 大志田(廃駅)
14位 浅岸(廃駅)
15位 坪尻(存続)
16位 川上(廃駅)
17位 田子倉(廃駅)
18位 赤岩(存続)※現在全列車通過
19位 旧白滝(廃駅)
20位 影待(廃駅)


存続している駅もいつまで持ちこたえられるか(泣

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

熟読!交通公社の時刻表1979年8月号(秘境駅編その5)   

牛山隆信氏の「秘境駅へ行こう!」初版本(2001年8月刊)に載った秘境駅ランキングの上位20駅のうち、現時点で実に13駅が廃駅となっています。
この13駅の1979年当時はどうだったか。今回はこの2駅を振り返ってみたいと思います。


田子倉駅(初版本掲載ランキング17位)



1日3往復となっていた只見ー大白川間にあった田子倉駅。2013年3月16日のダイヤ改正で廃駅に。晩年は冬季休業の臨時駅に降格となっていました。

国鉄時代の1979年8月号の時刻表では倍の6往復が田子倉駅に発着。しかも1便は急行!
まだこのころはハイキング需要も多かったか。

<小出方面> 全便小出行き
612
900
1150
1527
1659(急行奥只見号)
1837

<会津若松方面>
655(会津若松行き)
1039(只見行き)
1120(急行奥只見号、会津若松行き)
1327(会津若松行き)
1611(会津若松行き)
2009(只見行き)


これだけ本数があれば安心して田子倉湖観光できそうですね。
それにしても、田子倉駅が急行停車駅だったとは…


影待駅(初版本掲載ランキング20位)



自然災害の猛威に抗しきれず、2008年12月28日に廃線となった高千穂鉄道。
国鉄時代の1979年8月号の時刻表は…本数少ないっすねヽ(;´ω`)ノ
影待駅発着は高千穂方面に6便、延岡方面に7便(最終は日ノ影止まり)。


<高千穂方面> 全便高千穂行き
742
908
1153
1442
1751
1918


<延岡方面>
606(宮崎行き)
853(延岡行き)
1022(南延岡行き)
1313(南延岡行き)
1618(延岡行き)
1903(延岡行き)
2004(日ノ影行き)


国鉄時代の高千穂線の映像は貴重ですね!


この影待駅、初版本掲載ランキングベスト20の中では最も若い駅(1972年開業)。
すごい立地にある駅で、国道側、県道側へ至る道を作るのも一苦労だったと思います。
雨の日や夜は駅に着くまで大変だったのでは。それでもwikiによると2003年度は1日13人の利用者(通学需要がメインか?)がありました。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
現在参加しております。1日1クリックの応援よろしくお願いします。

category: 鉄道全般

tb: 0   cm: --

HUGっと!プリキュア応援中

お気に入りグッズ

カレンダー

カテゴリー

応援バナーコレクション

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

▲ Pagetop